2008年04月14日

HDDのプラッタ枚数による選び方

HDDを選ぶ際にまず基準となるのが以下の点でしょうか?

・容量
・メーカー
・キャッシュ容量
・速度

しかし、だんだんHDDのことがわかってくると「プラッタ枚数」というのがかなりのキーワードになってくるんです。

プラッタ枚数とは単にHDD内にあるDISCの枚数のことです。

プラッタは少なければ少ないほどいいです。1枚なら最強?
容量重視だと1枚はきついけど…

なぜ少ないほどいい理由は
・省電力
・低発熱
・同じ容量ならプラッタ枚数が少ないほどR/W共に速い
・プラッタ枚数が多いほど壊れる確率も高い

というのがあります。

現時点(2008/4/14)では320GBプラッタが流通しているもので一番容量が大きいです。

上の利点から行くと下手に回転数の高くて値段もありえない高いものを買うよりプラッタで経済的に速度向上することが出来ます。

OS起動DISCにするのがBESTですかね。


posted by 健作 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自作パソコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93389302

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。