2008年05月05日

Windows自動ログインできてリモートデスクトップもできる方法

Windows自動ログインできてリモートデスクトップもできる方法をここでは紹介します。

リモートデスクトップのサーバ側?(される側)がパスワードをいつもは設定していなくて自動でログインできていたのに、リモートデスクトップで入るときにパスワードの設定が必要になる。

そんなときには

パスワードの設定をまず先に行う。ここで設定するものはいつも使用しているものもしくはそのまま設定にし、ヒントをしっかり書いておいた穂王がいい。自動ログインによりパスワードを使っていると言う意識が完全になくなるため。リモートログイン時のパスワードも自動にしたら覚えていられないはず。

ログイン自動化は
ファイルを指定して実行で
control userpasswords2
と入れて、「ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスうワードの入力が必要」のチェックをはずしましょう。
OKを押すと入力が求められるので先ほどのユーザー名とパスワードを入力

めったに使わないコマンドだけに、ここに書いて自分の備忘録とします。自分用のためあまりいい書き方ではない。(いい書き方できないorz
皆さんの役に立てば幸いです。
posted by 健作 at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自作パソコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。